家族葬斎場に務めるプロの対応
2017.07.26

男性家族葬の斎場で勤務するスタッフも、一般的な葬儀の現場で働くスタッフも、行う仕事に大きな差はありません。家族葬の特徴は、通常の葬儀よりも小規模な所にありますが、亡くなった方がいて遺族がいて式に参列する者がいれば、場のスケールが小さかろうと求められる働きは同じです。規模に合わせてスタッフの数が絞られる分、一人当たりの仕事量はむしろ増え、現場の忙しさは苛烈を極めることにもなります。
斎場や葬儀場で、葬儀の場を整えるために働くプロは、他人の不幸に対して冷静であることが要求されます。故人を棺に入れたり運んだり、火葬の用意をしたりする人間の感情が、常に大きく振れるようでは任務はこなせません。悲しみや動揺を顔や態度には出さず、無感情に淡々と目の前の仕事に取り組めてこそ、プロというものです。
その一方で遺族に対しては、その悲哀に寄り添い、真摯に穏やかに接することをプロフェッショナル達は徹底しています。個人対個人で話す場面の多い、家族葬のスタイルならばより一層、慎重な対応が必要になると斎場スタッフは語ります。
身近な人の死に遭遇して間もない、遺族の思考は混乱の中にあります。些細な言葉が悲しみを誘い、時に怒りを呼び寄せる、情緒の不安定さは、誰もが簡単に抑えられるものではありません。
故人の死に直接的に触れた会話もせざるを得ない斎場のスタッフは、発言や動作に最大の注意を払って、遺族とのコミュニケーションを図ります。遺族や故人が望む形に葬儀を執り行うためには、対話を重ねて互いの認識の疎通を果たさなければなりません。
一言に家族葬といっても、そのスタイルはいくつかあります。通常通りの流れを汲んだもの、食事の席を省いたもの、オプションの全てを外すことで低予算で実行可能になるものと色々です。家族葬を埼玉で提供している業者のプランには、葬儀や格別式の前に火葬をするか後にするか、任意で決められるサービスが付属していたりもします。
細かい部分に至るまで希望を聞き、それを実現せんと努める業者の働きによって、葬儀は利用者の思い描く形をとることになるでしょう。見積もりを詳細に組み、実際の請求との差異が最小限になるようにと励む業者にとって、遺族との会話も重要な仕事です。
良い葬儀を目指す上では、初めにプロ意識の高い、良いサービスとの出会い果たすことが必須です。弱った人間の足元に付け込むような、詐欺まがいの葬儀社に騙されることなどあってはいけません。サービスの良し悪しを見極めるべく、無料の見積もりや相談を通した、業者とのファーストコンタクトには真剣に取り組みましょう。しっかり話に耳を傾けてくれる相手が、本当のプロです。

▲ ページトップへ