家族葬はどこまでの血縁関係を呼ぶ?
2017.07.26

お墓のイラスト東京に千葉、神奈川に埼玉と、家族葬は関東を中心にして、全国へと急速に広まりつつあります。ただ存在が生まれてから、その審議をすっ飛ばし、概要が煮詰められる前に認知が進んでしまったということで、いまだ家族葬の定義は確かな形を結んではいません。葬儀の専門サイトでも意見が分かれ、本質が不明瞭となるほどに、家族葬と、名称だけが一人歩きしているのが現在の状況です。
家族葬において、どこまでが家族で、どこまでの血縁関係を呼ぶべきなのかという問いに、現状明確な正解はありません。父に母に子といった、世帯を形成する者のみが家族だとする考え方もあれば、兄弟に従兄弟に甥や姪に至るまで、血縁のあるものは皆家族であり参列者に数えるべきだとする意見もあります。
しかしながら仮に戸籍と血の繋がった親族の全てを呼ぶとした場合、十や二十は軽く超える数の人間が、葬儀に集まることになるのは必至です。兄弟の多い方なら、血縁者のみと絞っても、参列者の人数は一般の葬儀とほとんど変わらない数となってしまいかねません。
人数を調整するために、実際に家族葬を千葉や東京で行っている人の多くは、家族を血の繋がりという意味ではなく親しさという意味にとり、故人と日ごろから関係のある人を集めるべく行動します。滅多に会わない遠くの親族よりも、交流のある友人を呼んでみたり、逆に誰も呼ばず住まいを共にしていた家族二、三人だけで棺を囲む葬儀の形もあります。定められたルールがない以上、どんな関係の人間で家族葬を行おうが、間違いということはありません。
少ない参列者でこぢんまり営む、家族葬に求められるのは、呼べなかった親戚縁者へのフォローです。なぜ兄弟や従兄弟の最後に立ち会えないのかと、通常の葬儀であれば参列するはずだった親類からの非難を浴びることにならないよう。きちんと家族葬という決断に至った経緯を説明して、理解を得られるようにしましょう。
参列をご遠慮していただく方には訃報と状況の説明を、参列を願う方にはその旨を、早急に伝えることが大事です。家族葬だから香典を辞退するというなら、葬儀会場や時間の伝達と共に、香典は受け取れないことを忘れずに話します。
家族葬のルールについては、人それぞれ様々な認識がありますから、家族葬とだけ言って、事実が正しく伝言されるかはわかりません。勘違いやすれ違いを防ぐため、参列して欲しいのか欲しくないのかは、濁さず伝えるのが懸命です。お断りした方が、葬儀後に訪問してくださったという場合に、心を込めてお迎えができるよう準備もしておきましょう。

▲ ページトップへ