関東地方葬儀社比較ランキング

第1位 昭和セレモニー

  • 最適で安らかな家族葬を選べる信頼の葬儀サービス

  • 葬儀にかかる各種費用について随時相談受け付け中

  • 専門スタッフが最適なオリジナル会葬礼状を作成

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

昭和セレモニーに対するみんなの口コミ

祖母が亡くなった際、こちらに家族葬を頼みました。最低限の葬儀プランを作っていただき、大変助かりました。家族の弔いで大切な...
会葬礼状を代筆してもらうサービスをお願いさせてもらいましたが、丁寧なヒアリングで立派な文章を書いてもらって感謝しています...
家族葬について悩んでいたところ、ネットの評価が高いこちらの業者さんにお願いする事にしました。評判通り、親身に関わってくれ...

費用を抑えて静かな家族葬を手助け

昭和セレモニーは増えている家族葬に対応できる葬儀業者です。コストを抑えたエコノミーな家族葬をサポートしてもらえるでしょう。

第2位 花みずき葬祭

  • 現代的かつ経済的な格安家族葬プランを提案

  • 10万円以下でできるシンプルな葬儀プラン

  • 故人の思い出をオリジナル動画で偲ぶ映像制作

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

花みずき葬祭に対するみんなの口コミ

決して裕福では無い家庭ですので、こちらにオススメして頂いたシンプルプランは非常にありがたかったです。日本の葬式は百万円以...
故人の遺言で、いわゆる海への散骨をする事となりました。こちらの業者さんは自然葬にも明るく、海への散骨について一般常識やセ...
経済状況に見合った葬儀プランを選択できるので、中途半端な見栄を張らずに済みました。理想的な家族葬かどうかは分かりませんが...

経済的な負担を抑えたシンプル家族葬

花みずき葬祭なら不必要な葬儀費用をかける事なく、大事なポイントだけを抑えた経済的な家族葬を頼む事ができます。数万円単位から葬儀を依頼できるので、無駄を省いた家族葬を実現する事ができます。

第3位 サガミセレモニー

  • 一般葬も家族葬も今時の葬儀をトータルでアシスト

  • ウェブサイトで家族葬の相場を分かりやすく紹介

  • わずか14万円でできる低予算な家族葬を提案

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

サガミセレモニーに対するみんなの口コミ

最初は安い家族葬に罪悪感を感じていましたが、あくまでも生者の人生が大事だと考えた場合、これはこれで皆が幸せになる選択なの...
無くなった家族が高い葬儀を嫌がっていましたので、今回はこちらの葬儀会社さんに家族葬を頼む事にしました。安くてもきちんとお...
大切な人が無くなってパニック状態の私ですが、冷静に葬儀のイロハをサポートしてくれたので大変助かりました。葬儀というのは尋...

サポートが手厚い安心の低料金葬儀

とにかくお葬式にお金をかけたくないのであれば、サガミセレモニーの家族葬が間違いありません。14万円からできる家族葬プランがあるので、経済的に余裕が無くても満足な葬儀を叶える事ができます。

第4位 グランドセレモニー

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

緊急の葬儀依頼にも的確に対応できる

多くの葬儀をサポートしてきた実績から、グランドセレモニーでは深夜の葬儀依頼にも快く対応できる信頼性があります。葬儀に関する相談は、常に電話で受け付けているので緊急時は頼ってみて下さい。

第5位 東京福祉会

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

あらゆるケースに対応できる老舗葬儀屋

東京福祉会は業界でも有数の老舗葬儀業者であり、日本の様々な葬儀を手掛けてきました。他では断られた宗派にも対応しているのがセールスポイントと言えるでしょう。

家族葬とは

お葬式家族葬という名称は、古来より存在していたものではありません。現在日本の感性を受けて、家族葬は後続で作られた新語です。家族葬は東京や都市部で注目度を高め、今全国へと広まっています。
近所の人に仕事関係の人、更には生前付き合いのあった友人まで、通常葬儀には故人とゆかりのある人が幅広く呼ばれます。縁あって集まった人々が、故人についての思い出話を語り合い、故人の死を悼むことを、葬儀では弔いとしてきました。
亡くなった方との関係性を見つめ直す機会であったことと同時に、葬儀は個人個人が身の回りにいる関係者との繋がりを、改めて確認する場でもありました。通信機器や交通機関の発達していない時代、人々は葬儀を含めた冠婚葬祭の場で、関係性の再構築を行っていたのです。
コミュニケーション手段の増えた現在では、わざわざ葬儀の場での交流を求める必要もなくなり、葬儀は純粋に故人を送るための儀式になりつつあります。家族葬はそうした時代の流れによって確立した、家族のみ血縁者のみで行う、ジンプルで純粋な葬儀の形です。
家族葬と似た少人数での式に密葬というものがありますが、本葬の前に内輪でひっそりと済ましておく葬儀、といった意味合いの強い密葬とは違い、家族葬にはその先がありません。家族葬は故人にとって遺族にとっての、ただ一度の葬儀です。

家族葬のはじまり

お墓家族葬という三文字がその意味と共に認知され始めたのは、古来より長く続く、葬儀の歴史から見ればつい最近のことです。いつ誰が命名し唱え始めたのか、対象のサービスを最初に展開したのはどの葬儀社だったのか、詳細は定かではありません。昔ながらの伝統ある葬儀からの乖離が進む中、空いた隙間を埋めるように、どこからともなくやってきて、家族葬は神奈川や千葉や東京で瞬く間に定着しました。
明確な呼び名こそなかったものの、配偶者に子供や兄弟、一握りの友人達だけで静かに営まれる葬儀の形は、歴史の中にひっそりと存在していました。本葬と密葬の関係からもわかるように、対外的に盛大に執り行う葬儀を重要視する一方で、身内だけで静かに故人を悼む時間というのも、古くから大切にされてきたのです。
現在では家族葬は埼玉でも東京でもどこででも、業者に全てを任せた上で、思い思いに実現できます。突然の不幸が起こり、直ぐにでも葬儀の準備を始めなければならないとなった時、既に形作られているシステムが力になることでしょう。
サービスの選択さえ失敗しなければ、業者に全てを一任してしまったままでも、葬儀は問題のない形で進んでいきます。担当者との対話を重ね、大まかな段取りが決定した後は、遺族として考えるべきは誰を呼ぶのか、呼ばない相手にはなんと連絡するのかといったことぐらいです。

家族葬のメリット

道家族葬のメリットを総括すると、遺族に負担がかからないこととなります。故人の冥福を祈ると同時に、遺族が気持ちの整理をつけられるようにと続いてきた葬儀の風習は、いつしか強制的に成さなければならないものとして、逆に遺族への負担の度合いを強めるようになりました。そんな時代で今一度、葬儀の意味を家族葬は見つめ直させてくれます。
葬儀の参列者を、家族とそれに類する者と限定することで、大きな葬儀場を確保する必要はなくなります。供花も供物も案内状も、最低限の用意で済むようになるため、手間や時間やお金といった、発生する負担の全ては家族葬によって軽減される仕組みです。
加えて他者からの評価の対象になるということも、家族葬では回避できます。内輪の者のみが集う式では、他人からどう見えるかを意識して、立ち回る苦労そのものが発生しません。孫の誕生を心待ちにしていた故人の葬儀に、生まれたばかりの赤子を抱いた母親が参列しても、赤子の泣き声に眉を顰める者がいない環境がそこにはあります。
故人の希望に沿って、好きな音楽を流したり、可愛がっていたペットを参列させたりすることも、家族葬ならば自由にできます。従来の葬儀に不自由さを覚えた時、家族葬はとても魅力のあるプランに感じられることでしょう。

家族葬人気の理由

子供家族葬は千葉や埼玉や、神奈川といった関東エリアで、人気を急上昇させています。家族葬のそんな人気は、これまで定番だった葬儀に対して、くすぶっていた不満の声の裏返しともいえるものです。
昭和から平成へと移り変わる中で、日本人の生活スタイルも激しく変わりました。かつて当たり前のように行われていた習慣が、現在社会にとっては異質となる、そんな情勢にあって、葬儀に関わる風習も変化を余儀なくされています。
家族葬が埼玉で千葉で、急激に評価され広まっているのは、それらのエリアが他の県と比べて、葬儀にお金を使う地域色を持っていたからだと推察できます。平均して二百万円近くの出費が発生していた所に、百万円以下、最大限切り詰めれば五十万円以下にもなる新しいプランが現れたのですから、注目を浴びないはずもありません。金額のインパクトは、ちょっと調べてみようかなと思わせるには十分です。
もちろん葬儀は安くて手軽なほど良い、というサービスではないので、家族葬に関心を持った上で、それまで通りの葬儀を支持する人も大勢います。家族の希望だけで、簡単に新しいスタイルに乗り換えられるような、単純な話では終わりません。一時の人気で終わるのか、今後の定番になり替わるのか、家族葬の今後はこれからの時代の流れが握っています。

▲ ページトップへ